それは、印刷の学校ではなくて

ものや、ことを介して、自分の感性や感覚、感情、そして自分自身に気付き、学んでいける場所です。

食べること、作ること、からだやこころのこと、仕事のこと。

様々な講師と共に、自分や暮らしと丁寧に向き合ってみる時間を過ごし

自分の中の楽しさや喜び、創造性、やりたいこと、願い。

そうそう、こんな感じで生活したいんだ、っていう思い。

それらを今よりもうちょっと、前に進めたり確かにしていったり、やさしく選んでいけたりできたらいいな、と思って作った、

そんな、学校です。

講座開催に伴い、6/30(日)にオープンスクールを行います。詳細はこちら

[目次]

講座

チェンジ・メイキング・プログラム

対話を通して、自分に向き合う場。 仲間と一緒に、新しい自分に出会う場。

追い風を捕まえて上手に乗るコツ、 変えられることを見つける知恵、変えていく 勇気。それを後押しする仲間の支え・・・



自分の心とつながり、現実も前に進めていく道を、一緒に探求していきます。

身の回りの違和感をただ受け入れるだけでなく、いい方向に変えていきたいと思っている方。

この講座では、人間関係の問題を俯瞰し、適切なアプローチを選択することができるようになり、自分も他人も大切にした形で進んでいく知恵と勇気を得られます。

詳細はこちら

煮ル、食ス、満ツル。豆のおはなし

マメ。

ちみっちゃくて、愛くるしくて、しなやかで、たくましい。日々に豆を・・・。

「気づけば豆を煮るようになった」もしそうなれば、マメカフェタとして嬉しいですが、もしかしたら、そうならなくてもいい気もします。

まずは、ここで“豆の時間”を。

まずは、豆を眺めるところから。

そして一緒に食べましょう。

詳細はこちら

お豆腐屋さんの1日と豆腐・てんぺの話

日本ではどこででも食べられる、豆腐に代表される 大豆を使った食品がありますよね。

日々の生活の中に溶け込み、空気のような当たり 前の存在になっていると思います。

おいしくて体にも良い大豆食品を、より身近に感じてもらい、今よりさらに楽しく料理ができたり食べてもらえたら・・・。

個人豆腐店を営む店主が、現場の話も交えつつ、そんなお話をしていきます。

詳細はこちら

あなたと身体の冒険

自分の身体のこと、どれだけ知っていますか?

身体とは、からだとこころ、両方です。 私たちの生活の中で、これらのことは 知らなくても生きていけるかもしれません。

けれど、自分のことを丁寧に知ると、いろんなことが起きてきます。

そして、自分を知ることは、世界を知ることと同じ。

しんどい状態、ちょっとした違和感。

自分のことを責めてしまったり、気になったことが頭から離れない。

そんなとき、自分のからだとこころに、やさしく関われたら。

この講座では、自身を受容・尊重し、より良く生きる方法を学びます。

詳細はこちら

暮らしに添える日本茶を

いかに生活が緩急しようとも、お茶は腰をすえて「ま、飲めば」とでも言うかのようにそこにあります。

この講座では、そうして暮らしに根っこをはる、ふだんのお茶を、今までよりももっと身近に感じるようになるためのプログラムを用意します。

さあ、何はともあれちょっと一杯。日本のお茶が、もっともっと愛おしくなります。

詳細はこちら

クリスタルボウルと音浴と瞑想のじかん

音のもたらす効果を知っていますか?

音を聴いて瞑想状態になる「音浴」は、深いリラックスをもたらします。

心身をクリアにし、内面の芯を調えます。

今までとちょっと違う、でもどこかなつかしい「あなた自身」と出逢う事ができます。

クリスタルボウルの音を浴びて、新しいあなたと出逢う。そんな「旅」をしてみませんか?

詳細はこちら

ワークショップ

夕暮れ、ぬいもの会[第4月曜 16~18時]

日が落ちてくる。何かがしずまって、どこかに向かって行く。

その先に何があるのかわからないけれど、ただ、手と針を動かしている、この時間の中に、今はいようと思う。


内容

家主と一緒に、ただただ縫いものをする会です。

家主は縫いもの下手なので、教えることができませんが、静かな時間をご一緒しませんか。

アジア圏の布を用意しています。縫いたい布のご持参も可能です。糸と針は若干数ご用意しています

参加費:800円(お茶・お菓子付き)

お菓子はお野菜ごはんわっかさんお手製の、からだにやさしいお菓子です

講座について

講座は7月からの開講です。単発参加も可能ですが、全部の回を通して参加されるとより良いかと思います。

講座は当日参加も若干数受け付けますが、準備物等の観点より、全て予約制とさせて頂きます。お電話もしくは予約フォームからお申し込みくださいませ。

カレンダー

講座は青色の部分です。