食卓 ett

無農薬・減農薬の野菜と玄米、旬のものを取入れたワンプレートランチを提供するごはん屋さんです。

営業日

初回は1/29(土)12-18時。月2回の営業です。
2月は2/6(日)、2/26(土)にて。
以降はカレンダーにてご確認下さいませ。

内容

〇無農薬・減農薬の野菜と玄米、旬のものを取入れたワンプレートランチ(12-15時)

〇15時以降はお惣菜などのテイクアウトも承ります。

〇15時以降は浅煎りコーヒーや小さなパフェなどのお菓子もご用意しています。

食卓 ett(エット)の考えること

普段、利用するスーパーでは、一年を通していろんな食材がそろっており、とても便利で、私もよく利用します。

しかし、野菜は無農薬・減農薬の野菜を使っています。

それは「野菜本来の味を知ることができる」と考えているからです。

その違いは食べてみるとよくわかります。

*

私自身、お米を作ったこともなければ、野菜を作ったこともありません。

そのため、信頼する八百屋さんや、直接関わりのある農家さんの野菜を使わせてもらっています。

*

野菜を普段から食べない方だけでなく
食べている方でも、ettのごはんをきっかけに
何かにつながって頂けたら嬉しいです。

「食卓 ett」という屋号 

ettはスウェーデン語で
数字の「1」を意味しています。

「1」は私の中でいろんな可能性を持っています。

誰かのはじまりにつながったり

その誰かからいっぱいつながって

憩いの空間になれたらいいな、と思っています。


また、カフェではなく食卓と付けたのは

「老若男女問わず、みんなで食事を囲む意」

をこめて付けました。

食卓ettさんのインスタグラムはこちら

この会に寄せて(印刷所より)

食卓ettさんのごはんを食べて思うことは

「食べることも、つくることも、そして、『食べもの』というものが好きで好きで仕方ない」

「『食』を通じて、食べる誰かの基礎・活力となる、その基盤を根底から支えたい」

という感じが、とても詰まっているということ。

人が元気でいるために必要な「要素」を考え、管理栄養士の資格も取り、様々な観点から「ごはん」を作られています。

食卓ettさんご自身は、あまり言葉数の多い方ではないような気がしています。

でも、その「言葉」が少ない分、食材と対話し、ワンプレートの中にこめた思いは、きっと、食べてくださる「誰か」の力になる。そう思います。

そして、ほんわかした店主の雰囲気と、シンプルでありながらバリエーションのある一皿を、味わっていただければ幸いです。