鶴身印刷所の学校で「暮らしに添える日本茶を」というお茶の講座を行って下さっている、にほんちゃギャラリーおかむらさんによる企画です。

すてきな茶器を扱う常滑のmorrinaさんをお招きしてのお話会です。目移りしちゃうような茶器の販売もあります。

会場設営の関係上、ご予約の上でお越し頂きたく、どうぞよろしくお願い申し上げます(予約フォームは文末にあります)

日時と費用

2019年11月16日(土)13~15時
参加費:1,500円(お茶付き)

お話会概要

愛知県常滑市の 器専門店 morrina(モリーナ) 店主・杉江寿文さんをお迎えし、お茶のよきパートナーである急須について理解を深める一日です。

morrinaは、にほんちゃギャラリーおかむら主宰 岡村が普段から使っている茶器をいつも選んでいるお店。

うつわへの愛情と職人たちへの尊敬がお話からあふれ出る杉江さんのお話に、きっと今まで以上にうつわのことが愛おしくなるでしょう。お茶もおいしくなります。

当日はこんな話題に触れていただきます。

・常滑焼の歴史と特徴
・急須の作り方と職人たちの気遣い
・良い急須の見分け方
・昨今の焼き物業界のこと

また、うつわそれ自体のみならず、人の手で用途あるモノを作る意義や、そこに宿っている価値とはいったいどんなものか、というトピックも。

このことは杉江さんならではの言葉や熱量をもってお話してくださると確信しています。大阪でこのような機会は滅多にありません。

お話は、私岡村との対話形式を基本として進めてまいります。また、ご来場の皆様のお考えを共有したり、ご質問も随時ウェルカム。

和気あいあいと、堅苦しい時間にはせず、おいしいお茶とともに楽しみましょう。

★常滑の茶器販売会も同時開催します。お楽しみに。

morrinaさん インスタグラムはこちら

定員になり次第、締め切りますので、ご予約はお早めに。