貸台所で[豆たちのスパイスカレー]を出されている「マメカフェタ」によるランチ&カフェと、豆のアクセサリー「あおのかぜ」による、アクセサリー&お洋服販売の企画です。

皆さんご一緒に豆の時間を過ごしてみませんか。

日時:6/30(日)11~17時

この日、マメカフェタによる「豆たちのスパイスカレー」をランチとしてご提供しています。詳しくはこちらからお願い致します。

また、ランチ終了後はカフェタイムとして、お茶やお菓子の販売があります。マメカフェタのお菓子が食べられるのは、直近、この日だけです!

豆のアクセサリーって?

本物の豆のアクセサリーを販売します。在来種を中心にうずら豆、金時豆、貝豆など数種類あります。

ちいさくて、つやっとしていて愛らしい。

チャームとしてネックレスにしても、ポーチや鞄のフックにつけても可愛い豆たち。

豆って身につけるの!?と思う方。

ちょっと認識が変わる可愛さなんです。普段着にも合う、自然な感じで、特別主張するわけでもないけれど、存在感がないわけじゃあない。

むしろ、何かの力みたいなものを、小さい豆から感じると思います。

お洋服の販売と、あおのかぜって?

あおのかぜ

無理なく、無駄なく、自然に。箕面粟生間谷で百姓をしながら夫婦ぞれぞれで服とアクセサリーを制作。古い農具倉庫を自身で改装し、人々が集まる場所キッチン付の「SO-KO」を開く。

WEB:あおのかぜ

Insta:あおのかぜインスタグラム

お洋服の販売

お洋服や布製の豆チャームは、ラオス、タイ、中国などアジアのもので、あおの

かぜさんが気に入った生地で製作されています。

カットソーは麻、シルク、オーガニックコットンなどを使用されており、やさしくも、大地の強さを感じます。

家主より、このイベントについて

豆って、わたしは、もっぱら食べるの専門です笑。

ただ、マメカフェタさんが貸台所でお料理されているとき、豆のアクセサリーをつけているのを見て、かわいいなぁ、とふわっと思いました。

そして、今回の企画を持って来て下さったとき、あおのかぜさんが作られている豆のアクセサリーや、布製の豆チャームを見て、

「かわいすぎる」

と、思いました。(このページの「豆のアクセサリーって?」の項目にある写真の、青磁の豆型のお皿に入っているのが布製豆チャームです)

私は日頃、そんなにゆるっとした服は着ていないのですが(なので、アクセサリーとして身につける自信がないんですが)、自分の持ち物(ポーチやリュック)になら、つけてみたいし、一緒にいると、なんだか元気をもらえそう!という気持ちになりました。

鮮やかなようで、穏やかなようで、それぞれ個性がある豆のアクセサリーたち。

当日はお洋服の販売もされていますので、ぜひ、豆のランチを食べに、カフェをしに、豆のアクセサリーたちと楽しい時間をお過ごしください。