鶴身印刷所の鶴身知子のブログ

カテゴリー: 貸台所・日替わりカフェ

在来種と固定種のお野菜のお話

私たちが普段食べているお野菜。
これらがどのようなものか、皆さん、ご存知ですか?

私は種苗法のお話を少し知っているくらいで、「在来種」「固定種」という名前をこれまで知りませんでした。

鶴身印刷所で昨年末から定食屋さんをして下さっているわっかのはるかさんから、このお話を教えてもらう機会があったので、彼女のお話を以下に記載したいと思います。

わっかのはるかさんによる「在来種と固定種」についてのお話

在来種、固定種の野菜とは何世代にも渡り種を自家採種し、大切に育てられてきた野菜です。
種を守り続けて来た人々がいたから、今私たちはその野菜を頂く事ができます。

今、私たちがよく口にしている野菜は一代限りのF1種という種から育てられた野菜です。

丈夫で形も均等に育ちやすく、収穫量も多い。
市場に受け入れられやすい事から多くの農家さんに使われる種になっています。
このF1種は別名不妊植物と言われています。

商業用として発達し、世界中のたくさんの農家さん達に愛用されているF1種ですが、本来、野菜は生き物。

本来の生命力溢れる野菜を後世に残したいと、今様々な農家さん、種屋さんなどが活動されています。

35年以上、長崎の雲仙で自然農法、自家採種を続けてこられた農家の岩崎さんという方がいらっしゃいます。

「守り続けても食べる人がいなければ、途絶えてしまう」

その思いを熱く語って下さいました。

守り、育てる人、そして調理し、食べる

この循環が無ければ、日本の気候と風土に根付いてきた野菜たちは失われていきます。

実際、日本の種屋さんで在来種、固定種の野菜の種を販売していても、売れなければ在庫限りで販売を終えるそうです。

それは今、野菜は私達の元にスーパーマーケットやネットなどで簡単に手に入る状況となっているから。
F1種の野菜はたくさんあるので、種を守り続ける必要性がなくなっているからです。

でも、大根は大根でも、大根にも色々な種類があります。
その土地土地に根付き愛されてきた野菜があったんです。

今たくさんの種が失われているそうです。

日本に根差した食べ物は、私達日本人の身体に合った栄養がたくさん含まれています。
何より、生命力があり、たくましく、そしてとても美味しい。

子孫を繋いで生き、
守り育てる農家さん達がいたから今ある野菜たち。

在来種と固定種の野菜をまずは食べてみませんか?
その美味しさにきっとびっくりすると思います。

家主、鶴身知子より

いかがでしょうか。

私たちが普段買い求めているお野菜は、確かにそれもおいしいとは思います。
ただ、私たちが生きる上で、本来、自然とは言いにくい方法で栽培され、それらを私たちは知らずに食べている。

もちろん、今、私たちがスーパーマーケットなどで生活に必要な食材を買うことが、どれだけ恩恵を受けているかというのも、十分に理解しますし、私自身もその一人です。

ただ、こういったことを知って、何を選択していくか、ということ。
(それが、今日1日だけでも、良いと思っています。
毎日できなくても。今、より良い方を選択して進んでみる、ということ)

どのような未来を自分の後の世代に残していきたいかを考えて動くこと。

私たちも、自然の中で生きている生命であるということ。

それらを私は、大切にしたいのです。

わっかのはるかさんはお野菜のこと、農業にも興味を持たれ、ご自身で遠方まで学びに行かれています。

そして、在来種・固定種を育てていらっしゃる田中たねの農園さんという素晴らしい農家さんからお野菜を仕入れ、定食に使用したり、「ちびわっか野菜市」という名前で定食営業日に販売してくれています。

ぜひ、一度、買って食べてみてほしいです。
そのお野菜のすばらしさと、私たちの生命が「食べることによって作られている」こと、「自然という関わりの中に自分もいること」を、実感すると思います。

ちびわっか野菜市は、わっかさんの営業日に11~14時で開催しています。
営業日についてはこちらからご確認くださいませ。

前回の営業の様子はこちらから。

[貸台所レポート]お野菜ごはんわっかの様子

日替わりカフェスペース、貸台所で1/28(月)に営業された「お野菜ごはん わっか」さんのレポートです。

お野菜販売のサンプルを店外に出しつつ、お料理を作る店主はるかさん。
看板や案内などは手づくりです。

今回は、お越し下さったお客様がお待ち頂く間にテーブルで読んでもらえるよう、と、「わっかのわ」というペーパーを用意されていました。

はるかさんの「食べること」「生きること」に対する想い、使っている食材のことや、作り手さんへの想い、興味のある本など、盛りだくさんの内容です。
(鶴身印刷所ではバックナンバーを保管しますので、ご興味のある方はお声がけ下さいませ)

提供するカウンター下では、田中たねの農園さんのお野菜販売として「ちびわっか野菜市」も開催。
カウンターでは、はるかさんが使用しているこだわりの調味料や、食に関する本の展示もありました。

今回は15食限定の定食が完売しました。
既にリピートの方もいらっしゃって、満席となったこと、家主として本当に嬉しく思います。

今回の玄米茶色ごはん定食はこちら。

玄米、お豆腐のお味噌汁、無農薬野菜のお漬物の他、城東区で2軒しかない個人お豆腐店古川食品さんのお豆腐やおから、お野菜といった、からだにやさしいご飯です。

調味料もとても良いものを使っていらっしゃるので、素材の味が活きており、シンプルなのに、おいしい。

お腹がいっぱいになるのに、重たくない。
気持ちも身体も満たされるご飯です。

ちなみに、お箸置きの注文が間に合わなかった家主は、入居者さんと箸袋を折りました笑

次回は2/25(月)11時~13時です。お野菜販売は11時~14時です。
平日ですが、既に多くのお客様からご予約を頂いており、ありがたく思います。

お申込ご希望の方は、こちらからお願いいたします。

ご予約はこちら

お野菜ごはんわっかさんについて、詳しくはこちらから。

前回(12/24)の営業の様子はこちらから。

[貸台所レポート]お野菜ごはん わっかの様子

日替わりカフェスペース、貸台所で12/24にオープンされた「お野菜ごはん わっか」さんのレポートです(*’▽’)
(ただ、家主である私が、思いっきり写真を撮り忘れていたので、あんまり状況が分かる写真が無くてすみません)

クリスマスイブの日。
入居者のお子さんたちが飾り付けてくれたクリスマスツリーたちに囲まれて、お野菜ごはん わっかさんがオープンされました☆

無農薬のお野菜と、玄米や、イセヒカリという特別なお米を使ったおにぎり、テンペを使ったご飯を提供してくれました。

そして、SUSさんのふみジイのお野菜と、城東区で2軒しかない個人お豆腐店古川食品さんの厚揚げを炊いたおかずも、本当においしかったです。

身体が喜ぶってこういうことだなぁ、と思いながら、いつもよりゆっくり食べていた気がします。
しかし、「あ、ごはん、もうない。。。」と思うのは、早かった気がします笑。

いやー、幸せです(私が笑)

そして、たくさんのお客様にお越し頂き、家主としてもとてもうれしく思います。

同時開催として、定食に使用している無農薬のお野菜の販売も開催。
道行く方々が立ち止まって、長崎県雲仙の在来種・固定種という特別なお野菜を購入していって下さいました!

・・・

お越し下さった方々、本当にありがとうございます!
家主としても、店主のはるかさんとしても、第1回目の定食屋さんを無事に終えることができ、とても喜ばしく思っています。

そして、今回の経験をもとに、次回以降、更により良いご提供ができるよう、お互いにブラッシュアップして参ります。

次回は1/28(月)11時~13時です。お野菜販売も同様に行います。
平日ですが、既に多くのお客様からご予約を頂いております。

お申込ご希望の方は、こちらからお願いいたします。

ご予約はこちら

お野菜ごはんわっかさんについて、詳しくはこちらから。

[12/24(月・祝)くらしと本のみせSUSにて、おはなし会開催&定食屋さんスタート]

12/24(月・祝)くらしと本のみせ SUS(スウス)にて、おはなし会開催☆

店舗区画の古本屋SUSさんのところで、「クリスマスのちいさなおはなし会」が開催されます。

11時からと14時から、それぞれ15分程を予定しています。

以下、店主の木下さんのコメントです。
 
「前からやりたいな~と言っていたお話会を、やっとやってみようと思います。
 
小さなお店の小さな絵本コーナーの小さなお話会。
  
小さくも楽しく温かい時間になりますように」

・・・   

木下さんはお子さんのいらっしゃるお母さんです。
とてもやさしくて、穏やかな方で、私はいつも癒やされています笑
     
SUSさんのインスタはこちら

12/24(月・祝)から、定食屋さん「お野菜ごはん わっか」がはじまります!

11時~13時、貸台所(日替わりカフェ)で、定食屋「お野菜ごはん わっか」がスタートします!

以降の営業日やメニュー、コンセプトなどはこちら

以下、店主よしだはるかさんによる、コメントです。

「食事から心と体は作られる、食事は命そのものです。
無農薬、減農薬、有機野菜を使い、素材の味を生かしたシンプルごはん。
  
お砂糖は極力使わず、捨てない飲食店を目指しつつ日々の食事を応援します♪

24日は、使用しているお野菜を販売する、ちびわっか野菜市も行う予定です」

食糧廃棄を避けたいというはるかさんの想いから、事前予約制となっています。

もちろん私は予約済みです!
(そしてさっそくご予約頂いています、ありがとうございます)

リノベーション企画中から、私、ずっと、からだにやさしいご飯を作って下さる方を待ち望んでいました(´;ω;`)

実は、今年はもうないかなー、と思っていたら、あったかい思いと共に、申込が来ました。

嬉しかったです。

・・・

クリスマスイブの日。

あたたかい定食屋さんと、あったかいお話会に、来てみませんか?

一同、お待ちしております。
 

[10/7(日)スタート]貸台所でパウンドケーキ専門店「門」始まります。

気が付くと、秋です。10月です。
いろいろとブログに書きたいことがありながらも、追いついていない日々を送っております。。。

さて!鶴身印刷所からお知らせです。

鶴身印刷所内にある貸台所(レンタルキッチン)で、10/7(日)11時から
パウンドケーキ専門店「門」がスタートします。

詳しくはこちらから。
http://tsurumi-print.com/kitchen

貸台所は、3席のみの小さなカフェスペースです。
そこで、美味しいご飯やお菓子を提供して下さる方を待っていたところ

先日の「鶴身印刷所フェスタ」に、「パウンドケーキ専門店をしたいんです!」という
すてきな方が、試食用のパウンドケーキを持参して来てくださいました。

バナナとデーツのパウンドケーキだったのですが

めっちゃおいしい。
食べていると、なんだかやさしくて、泣きそう。

お話はすぐにまとまって、これから日曜日に定期的に貸台所でパウンドケーキを販売して下さることになりました。
(店内飲食ができます。その際は、ほうじ茶とのセットです。パウンドケーキのみのテイクアウトもできます。)

10月は7日(日)と28日(日)(11時~17時 ただし売切れ次第終了)のみですが、
11月以降は毎週日曜日11時~15時で入って頂く予定です。

また、以降の予定が決まりましたら、ご案内しますね。

[予告]貸台所で魔法使いともこのおでん屋さん始めます☆

なんていうタイトルだと、書いている私自身も思ってます。

が、やります!
魔法使いともこのおでん屋。

1月下旬以降、2月からかな、月に1回程のペースで始めます。

見た目は普通のおでん屋さん。

具材はもちろん、古川食品さん
お野菜は古本屋SUSさんのふみジイのお野菜を使います。

お酒も日本酒をご用意する予定です。

しかし、何が違うのか!というと。。。

セラピストとしての活動もしているわたくしが、皆様のお悩み、お話を伺いながら、問題解決、目標実現のためのカウンセリング的要素を持ちつつ、おでんをご提供します。

家主である鶴身知子は、セラピストのメニューで、オーラリーディングもします。
(オーラリーディングについて詳しくはこちらから)

見えないものも大切にしている私です。
多分、一般的にはあやしいとされる発言が、ばんばん出ます笑。

なので、魔法使いともこのおでん屋、という名を打ち、

あやしいですよ!
あやしくてもいいっていう方、お越し下さいね!

という予告でした笑。

・・・

ちなみに、印刷所内の方に作ったおでんを食べて頂いたところ

「オーナー特製激ウマおでん。何がおいしいかって、もう全部おいしい。
オーナーの愛が全ての具材にしゅんでる」

という大変ありがたい感想を頂いたのでした。

日時や詳細は、またのお知らせをお楽しみに(*’▽’)