【というわけで、ようやく鶴身印刷所オープンの話

えー。無事に竣工しました。そして、竣工式等、神事も無事に終わりました。(皆様、ありがとうございました)
鶴身印刷株式会社第一工場は、名称を改め、これからは「鶴身印刷所」という施設として歩んでいきます。(と言いながら、工場工場ゆうてるのは、私です(;´Д`))
そして、4/21(土)に、オープニングイベント?として、リノベーションをした工場の内覧会と、石版印刷機のワークショップと、古物販売と、ドリンク販売を行います。時間は13時~18時までです。
詳しくはこちらから。

>>大阪R不動産
【連載】戦前築の元印刷工場を甦らせる
第2回 ものづくりと学びの場へ

記事を書いて下さった西川さんの丁寧さに感謝しつつ、
ここまで来ることができたことを、本当に嬉しく思います。

石版印刷機ワークショップ~あなたの書いた絵や文字を、自分自身で印刷体験~

「あなたの書いた絵や文字を、自分自身で印刷体験」を行うことになりました!

写真は、今日、稼働実験をしてくれた元工場長の植田さん。趣味は山登りとギターです(笑)

写真撮っていい~?って聞いたら、ちょっと照れていました(*´ω`*)

そして、もう1枚の写真は、自分で絵を描くってどんな感じ?というのを、実際の版を用いて私がしてみました。
(上の黒色の字と絵が、版です。下は印刷した紙です。実験だったのでかすれていますが、元工場長の腕はすごいです(*’▽’))

私、印刷会社の4代目です、っていうの、やめた方が良いかもしれないです(笑)

字は、みなさま、鏡文字を書いて下さいね。そうしないと、こんなことになります(*´Д`)

蚤の市(古物販売)

鶴身印刷所内にあった古物を販売します。建具、机や棚、小物が所狭しとあります(*’▽’)

ドリンク販売

アルコールが300円、ソフトドリンクが200円です。日本酒、シャンパン、ワイン、梅酒、オレンジジュース、紅茶、コーヒーといったラインナップです。(ビールはないのです、ごめんなさい)

陶芸作家の高棟真理さんが焼いて下さった陶器も登場します。